都立高校出願2日目の状況。 2月6日


ちょこなん...♪

今日はものすごく寒い一日でした。午後7時の時点で氷点下までさがって、この記事を書いている時点ではマイナス4.5℃らしいです。
外のネコさんたち…、暖かいところを見つけて乗り切れよ。

そして今日は都立高校の出願2日目でした。
下に傾向、倍率等がまとめてある新教育さんのリンクを貼っておきますので参考にしてください♪

■都立高校出願2日目の状況



こちら応援もお願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


2020/02/06(木) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

東京都立高校入試・出願初日でした。倍率なども。 2月5日


みんな…無事に出願してきたかにゃ?

今日は東京都立高校の出願初日でした。私の教室の生徒さんたちも皆さんそれぞれの志望校へ無事に出願を終えたようで、まず1段階クリアと言うところです。
明日午前中に2日目の出願がありますが、ほとんどの生徒さんは初日に出願を済ませてしまうので増えても大したことはないです。
それよりも倍率が大きく動くのは来週の水曜日からの差し替え出願のほうです。一度出願を済ませた学校まで出向き「願書の取り下げ」を行って、当日中または翌日の午前中に別の志望校へ出願し直すという制度。これによって高倍率になっていた高校の倍率が減り、定員割れなどの状態になっていた高校の倍率が増えるという現象が起きます。
…どちらにせよ、倍率に必要以上に気を取られることよりも、今の学力をしっかり入試において得点できるようにすることの方が格段に大切な事です。

周囲からの無責任なうわさ、デマなどに気を取られないように…、もし不安があるのであれば入試について全く知らない友人などに聞くよりも学校の先生や塾予備校などの専門家に相談するようにして下さい。

都立高校初日の倍率はこちらのリンクからどうぞ
(新教育さんのページが開きます)
■都立高校初日出願状況



こちら応援もお願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


2020/02/05(水) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

高校入試において漢字検定を活用している高校 10月20日


たまには…キリッとした顔もするにゃ。 by天

今日は自習対応のみの日曜日…♪
高1と中3生があらわれて、各自今週末の漢字検定の対策をしていました。
高校入試においては私立高校において内申基準に加点処置をしている高校が多くあります。

漢字検定では中学生が受験する級の目安としてパンフレットによると4級から3級となっていますが、加点処置があるのは3級以上となっています。

下に入試において加点がある高校の検索ができる漢字検定協会のページへのリンクを付けておきますのでこれから受験を控えている方は参考にしてみてください。

漢字検定加点のある高校検索(漢字検定協会)

基準は学校によって様々ですが、一番多いのは3級で内申プラス1、準2級でプラス2…という場合が多いようです。


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


2019/10/20(日) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

公立高校入試と私立高校入試…国語の出題傾向の違いについて…。 12月13日


壁の上から教室を見張ってる天さん♪

木曜日は小学生の国語から始まって3コマフルに授業が入っています…、教室開けてちょっとすると授業に入り…あっという間に一日が終わっていると言う感じで息をつく間もないです(>.<)

2コマ目は中3受験学年の国語。
普段都立高校向けの問題演習中心に進めていましたので、今日は私立高校の過去入試からやってもらいました。
国語の入試問題の出題に関しては都立高校と私立高校で問題の出題形式に大きな差異があります。
参考までにまとめてみましょう…

【都立高校入試の国語】
・漢字読み書き各5問
・文章読解→物語文と論説文各大問1題
・作文→200字
・古文→現代語訳および内容に関する対話文(解説)がついている
・文法問題 ・文学史問題 は出題なし

【私立高校入試の国語】
基本的には各高校によって出題形式は様々ですが、
都立高校入試との大きな違いは…
・指定字数の作文は出題する学校は少数
・文法や文学史の問題はかなりの学校で出題される
・古文に現代語訳(解説含む)がついていることはほとんどない

出題内容に関してざっと見てもこれだけの大きな差異があります。
特に私立高校入試において国語での高得点を目指す場合、普段公立中学校の国語の授業において軽~く流されてしまっている「文法」(古文文法が必要な場合もあります)であるとかほとんど授業で触れられることの無い「文学史」においては自分でしっかりと学習しておく必要があります。

ともあれ、しっかりしたコーチについて学習している人は別として…、まずは自分が目指す高校がどのような傾向の問題を出題するのかという事を明確に知っておくようにするところから始めると良いと思います。


こちら応援もお願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


2018/12/13(木) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

中国、唐の皇帝「玄宗」は第六代か第九代か…と言う疑問。 3月23日



先日穎明館中のY君に唐の皇帝「玄宗」が、本によって第六代と書いてあるものと第九代と書いてあるものがあるけどどっちが正しいのかと言う質問を受けました。

確かにネット上でもWikipediaでは第九代として、そしてデジタル大辞泉では第六代と記述がわかれています。
どちらが正しいのか…

結論を先に言ってしまうと、「どちらも正しい」と言うことになります。
どうして記述がわかれてしまうのか、ということの原因は「数え方が違う」ためです。

高等学校の世界史Bの教科書では各出版社ともに第六代としているようです。

■第六代とする数え方は…
第一代 高祖
第二代 太宗…第一代高祖の子
第三代 高宗…第二代太宗の子
第四代 中宗…第三代高宗の子
第五代 睿宗…第三代高宗の子
第六代 玄宗…第五代睿宗の子

■第九代とするほうは、
第一代 高祖
第二代 太宗…第一代高祖の子
第三代 高宗…第二代太宗の子
第四代 中宗…第三代高宗の子
第五代 睿宗…第三代高宗の子
ここまでは同じですがこのあたりで国が乱れます
第〇代 則天武后(数えません)
第六代 中宗…第四代中宗が復位
第七代 殤帝…第四・第六代中宗の子
第八代 睿宗…第五代睿宗の復位
第九代 玄宗

この場合は
1.則天武后(→高宗の奥さんで実子の中宗・睿宗を廃位させて自分が即位し唐を周に改め洛陽に都を移した)
2.則天武后退位後に中宗が復位。
3.中宗の死後、一時的に彼の子の殤帝(李重茂)が担ぎ出された。
4.しかしすぐに睿宗が復位した。
ということを含めて順番通りに数えています。


こちら応援もお願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育



2018/03/23(金) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

平成30年都立高校入試問題・正答へのリンク





本日実施されました都立高校入試の5科目の正答が発表されています。
下記リンクからどうぞ。(出典:進研スクールガイド)

平成30年2月23日実施都立高校入試正答

なお、こちらは入試問題及び解答・自校作成校の解答です
下記リンクからどうぞ。(出典:東京新聞)
平成30年東京都立高校入試問題


こちら応援もお願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


2018/02/23(金) 16:00
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

2018年東京都立高校入試前日。都立高校受験生に送るエール! 2月22日 



今日は少し雪がちらついたようで、帰ったら家の入口のところにほんの少し残ってました。
明日はいよいよ都立高校入試の当日...。
東京は朝、かなり冷え込むようです。
受験生みなさん、防寒対策しっかりと!
手を冷やさないようにね。

都立高校第一志望の受験生にとっては生涯一度きりのチャンス…。
失敗したからと言ってもう一度やり直すことはできません。
高校受験においては「浪人してまた来年」という選択肢が現実的でない以上、
今回の試験でなんとか合格を勝ち取らなければならない戦いです。

「この一矢に定むべし…」(『徒然草』第九十二段)

しっかりと心を落ち着けて、今まで積み重ねてきたすべてを解答用紙に書き込んできてください。
毎年受験生の直前指導で言っていることですが、
スタートの合図があったら…
やみくもに始めるのではなく、一瞬でも目を閉じて深呼吸すると落ち着くと思います。
そして、全体を見渡す余裕を持ってほしいと思います。
最初にぶち当たった悩む問題に時間をかけすぎて後の解ける問題に手が回らない…などと言うのはもったいなすぎます。
おそらくほとんどの受験生が、生れてはじめての真剣勝負の世界。
でもね、みんな条件は同じなんです。

精一杯、頑張って来てください。

合格して、4月桜の下を真新しいい制服で登校している姿を思い浮かべて!

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


2018/02/22(木) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

東京都高校無償化の情報入手先のリンク集…。 2月6日


本を読もうとすると…邪魔する「天さん」♪

昨日の記事で、東京都在住者の高校無償化のことを書きました。
今日、教室の生徒さんから質問がありましたので気になる方もいらっしゃるだろうと思い情報を得られるサイトへのリンクを貼っておきます。

東京都における私立高校授業料補助の情報が確認できます


高校授業料無償化について(個人サイト)
無償化全体の流れについて良くまとめてあります


東京都の公式サイトはこちらから
東京都の公式ホームページです。一番信頼のおける確実な情報源です


東京都私学財団の公式サイトはこちらから
私学財団のホームページです。現在29年度の情報が掲載されています。

年収基準やもらえる補助金額などは直接公的機関へ問い合わせをするのが一番確実だと思います。


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


2018/02/06(火) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

高校受験の季節…。都立高校と私立高校を考える。 2月5日


天さんの手…。
この時期の受験生たちが皆借りたがると思われる「ネコの手」です。

早いもので2月も今日から第2週目に突入。
今週末には東京都の私立高校入試、そして2週間後には東京都立高校の入試本番を迎えます。私立中学校を受験し進学された方を除いて大多数の公立中学校の生徒さんにとっては「住んでいる地域によって割り振られる」決められた学校へ進むのとは違って、自分の進学先を決め受験するということになります。

進学先の高校を選ぶということは、今後の3年間を過ごす世界を決める…くらいの重要性があります。
都立高校は難易度や進学先の差・重点指導の内容が違うくらいで正直あまりどこでも大きくは変わりません。すべての都立高校が東京都の予算で運営されているわけですので極端に1つの高校に偏った予算など認められる訳もないので当たり前と言えば当たり前なのです。
それに比べて私立高校の方は学校によっても雰囲気からして全く違います。
高校生のうちから大学の授業体験などのプログラムの組まれる私立大学附属高校(系列高校とも言います)や、授業に宗教系の時間が入ってくるキリスト教系や仏教系の高校…。室内温水プールがあったり…パイプオルガンのある数百名収容のホールがあったりと学校によって全くと言ってよいほど違いがあります。

そして…かつては私立高校は費用の面から高嶺の花と言う感じが強かったのですが、昨年から始まった東京都での施策「東京都高等学校無償化」によって授業料は国と都によって完全に補填されるようになりました。

そうした流れもあってもう少し私立高校の人気が上がっても良いのでは…と思いましたが、私の教室のある地域は都立志向がやはり根強いようです。
今年の中3の生徒さんに聞いてもクラスの数名を除くほぼ全員が都立志望とか…。
同じ偏差値の学校なら…私立の方が良い学校がある、と思うのは私だけでしょうか。

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育




2018/02/05(月) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

12月18日…。受験生たちよ、睡眠時間を削りすぎるなよ!



ふと気づくと…
今年も余すところ十数日ですねぇ。そして年を越すと受験生たちはいよいよ入試が目前に!という時期になってしまいました。

受験生たちにとっては、クリスマスも正月もない…という気分なのでしょうが
この時期の過ごし方として受験生がこれだけはやっちゃあダメというのが、無理をして遅くまで勉強することです。過去には「おれ徹夜で勉強した」と自慢してたバカタレもいたなぁw
普段よほど長い睡眠時間の人は別として、極端に睡眠時間を削ることには学習効果上は何のメリットもありません。むしろぼーっとして効率が落ちるだけなので大きな害がある…とはいえると思います、
あ、友達に自慢して「勉強してるフリ」だけはできるというメリットはあるか(笑)

受験が近い今の時期だからこそ、早めに就寝して午前中にしっかり集中できるクセを付けていく…。だってたいていの学校の入試は午前中からあるわけですので、その時間に集中できる訓練はしておくべきです。

最後にもう一度確認!
睡眠不足はコンディションを最悪にします
…このことを肝に銘じて、頑張れよ!


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育




2017/12/18(月) 23:59
高校受験 トラバ(0) コメント(0)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑

お知らせ

プロフィール

しかせん

Author:しかせん
ようこそ!
「しか先」のブログへ。

しか先は…
東京都青梅市に生まれ育ちました。
高校卒業と同時に地元を離れ海上保安庁に奉職。
海上保安大学校を経て
海上保安官として数年間、領海警備・海難救助の現場にいました。
PL109「しきね」航海士を最後に退官、以後地元青梅に戻っております。

いまは東京都青梅市の
小さな学習塾「純友学院・千ヶ瀬校」にいます。
時々…、
青梅2中の放課後学習にも出没します。
担当教科は英語・国語・社会と学習術
ここでは、教室内での雑感を主に書き残して行こうと思います。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

訪問していただいた方

最近の記事