コロナによる学校休校もすでに2ヶ月目に入りました。 5月6日



ちょうど1ヶ月前…、春休みが終わりいつもなら進級進学して新学期が始まるところなのですが、新型コロナ感染症の影響で新学期が迎えられずそのまま休校になりました。

そして連休明けの今日から始まるはずだった新学期も延期され、学校の休校は月末をめどに延長されることとなりました。
休校延長を受けて、世の中には様々なニュースが飛び交っております。
例年の学習量(単に時間だけではなく進度や習得率なども含んで…)を100%としてみた場合、相当な学力低下が起こりえる(すでに起きている)という懸念に関するものが多く見られます。
当然、各校においても様々な方法でフォローしていくための対策がとられているようですが、内容は千差万別。
私自身が話を聞けるごく限られた範囲の生徒さんの中でも内容は千差万別でした。
ネットワークを利用した双方向通信での授業を行うところ、ネットワーク上にある動画授業の視聴を指示するところ、郵送で休校中にやるべき課題を送ってくるところ、中には「教科書の〇ページから〇ページまでをやっておけ」という指示だけ出ているところなどもありました。

小・中・高の差や公立なのか私立なのか…、また地域による対応の格差もかなりあるようです。

下に教育評論家の妹尾昌俊さんが執筆されたニュース記事へのリンクを貼っておきます。
統計の数字などもかなり詳しく紹介されており参考になる内容でした。


オンライン授業絶賛も、プリント渡すだけも疑問

私も先月から一部学年だけですが双方向のネットワーク授業をしていますが、何度やっても慣れないせいか通常の授業に比べて数倍の疲労感を感じます。
今の状況が早く終息して…1日も早く何も心配することなく生活できる日々が戻ってくれば良いですよね。


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育





| ホーム |
Page Top↑

お知らせ

プロフィール

しかせん

Author:しかせん
ようこそ!
「しか先」のブログへ。

しか先は…
東京都青梅市に生まれ育ちました。
高校卒業と同時に地元を離れ海上保安庁に奉職。
海上保安大学校を経て
海上保安官として数年間、領海警備・海難救助の現場にいました。
PL109「しきね」航海士を最後に退官、以後地元青梅に戻っております。

いまは東京都青梅市の
小さな学習塾「純友学院・千ヶ瀬校」にいます。
時々…、
青梅2中の放課後学習にも出没します。
担当教科は英語・国語・社会と学習術
ここでは、教室内での雑感を主に書き残して行こうと思います。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

訪問していただいた方

最近の記事