中学校英語と高校英語の違いについて…。 6月11日


赤塚不二夫記念館跡地

教室に行く時に通りかかったら、工事のためのシートが外されてすっかり更地になっていました。
ここは何になるのだろう…、普段通っている街並みもなくなって数年経つと「あれ、個々って何があったんだっけ?」と思うことが良くあります。
まぁ、ここはインパクトある施設だったから当分忘れられることはないと思いますが。

今日の高1は古文と英語。
英語の時に、高1になって約2ヶ月(今年はほとんど登校できていませんが…)が過ぎた頃に必ず確認することがあります。
3月の高校準備期間に教える内容なのですがだいたいこの時期になると意識が甘くなってくる生徒さんは結構多いです。
中学校英語と高校英語の違いともいえることなのですが、ひとつ例をあげると、
It is important for us to save wild animals.
という英文があったとします。
中学英文では「It is .... for .... to~」=「~することは…にとって…です」という意味(和訳)ありきで訳せて逆に書ければOK。
ところが高校英語になると「文頭のItは仮主語(形式主語)でto以下の部分が真主語」 ということになってきます。
文の構成がどうなっているのか、それを普段から気にしながら意味をとっていかないとつまづく日が遠からず訪れます。
大学入試の英文和訳問題(=英文解釈問題)では必ずこういった部分の把握ができているかということを問われる問題はかなりの数に上がります。
受験学年になって…他の教科の学習も忙しいなかで急にこういうクセをつけようと思ってもなかなか思うようにいくものではありません。まぁ、それが出来てしまう生徒さんも結構見てはいますが、皆さん苦労していたという共通点はありますw
早い時期からこういった文の要素を考えながら英文を読むクセは付けておいた方が後々苦労せずに済みますよ。といった趣旨の授業を今日はしました。


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育




| ホーム |
Page Top↑

お知らせ

プロフィール

しかせん

Author:しかせん
ようこそ!
「しか先」のブログへ。

しか先は…
東京都青梅市に生まれ育ちました。
高校卒業と同時に地元を離れ海上保安庁に奉職。
海上保安大学校を経て
海上保安官として数年間、領海警備・海難救助の現場にいました。
PL109「しきね」航海士を最後に退官、以後地元青梅に戻っております。

いまは東京都青梅市の
小さな学習塾「純友学院・千ヶ瀬校」にいます。
時々…、
青梅2中の放課後学習にも出没します。
担当教科は英語・国語・社会と学習術
ここでは、教室内での雑感を主に書き残して行こうと思います。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

訪問していただいた方

最近の記事