高3受験生の小論文指導より…。 9月15日



今日の授業最終コマは高3「小論文対策講座」でした。
小学生の頃から高3生になるまでの間に学校ではさまざまな文章を書いてきたはずです。
主に国語の時間に書いていた読書感想文や作文。
中学・高校になるとそれに加えて各教科で書くことになるレポートなど。
そして今回取り上げた大学入試での「小論文」…。

今日の授業ではそれぞれの文章の違いを討論ゼミ形式で理解してもらいました。
授業内容についてはここで詳しく述べることはしませんが1点だけ大学入学後に書くことになる学術論文と小論文の決定的な違いについて書いておきます。

大学進学後に書くことになる実際の論文はさまざまな参考文献をあたり先人の研究成果を引用する形で利用し自身の「論(説)」を根拠づけていきます。

しかし主に推薦型入試に出題されることの多い「小論文」は限られた時間内に自論を堅固に根拠づけていかなければなりません。当然試験会場に入ってしまえば参考文献を探しに図書館へ行く…などという事が出来ようはずもなくw
という事は、自身が今持っている「知識」だけで勝負しなければならない…という事です。
当然出題者側もそんなことは百も承知です。

採点のポイントは、その受験生が与えられた命題に対して「いかに論理的に自分の考えを展開できるか」と言う部分にかかっています。
斬新な見方なり解決策を考え出すよりも論理的破綻のない文章展開を心掛けてください。


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

お知らせ

プロフィール

しかせん

Author:しかせん
ようこそ!
「しか先」のブログへ。

しか先は…
東京都青梅市に生まれ育ちました。
高校卒業と同時に地元を離れ海上保安庁に奉職。
海上保安大学校を経て
海上保安官として数年間、領海警備・海難救助の現場にいました。
PL109「しきね」航海士を最後に退官、以後地元青梅に戻っております。

いまは東京都青梅市の
小さな学習塾「純友学院・千ヶ瀬校」にいます。
時々…、
青梅2中の放課後学習にも出没します。
担当教科は英語・国語・社会と学習術
ここでは、教室内での雑感を主に書き残して行こうと思います。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

訪問していただいた方

最近の記事