ネコは昔から懐に入る…高校古文 2月4日



木曜日は高1国語と英語の日…
高1生の受験する次回の全統模試の国語出題範囲でもある古文の「敬語」についてやりました。

おそらく古文の中でも「敬語」は苦手としている高校生は多く見受けます。
古文の敬語は敬語含みの文を現代語訳できるかを問うものや、敬意の方向を問うものなどいろいろありますが、おおむねパターンは決まっています。
敬語の基本的に覚えておかなければならない事項をまず覚え、その後なるべく多くの問題にあたって慣れることが「敬語は苦手」から脱却する一番の近道…というか唯一無二の方法でしょう。

単純な敬語表現から、二重敬語まで…いろいろなパターンがあります。
二重敬語とは、尊敬の助動詞「す・さす・しむ」(の活用形「せ・させ・しめ」)+尊敬の補助動詞「給ふ」などのパターンのこと。
枕草子の「猫を御懐に入れさせ給ひて」
(枕草子「上にさぶらう御猫」より)
現代語訳「猫を懐にお入れになって」
一条天皇もネコ派だったんですw

古文の敬語は慣れてしまえば怖いものはありません。
頑張って慣れてくださいね。

最近、夜は冷えます…。ここのところずっと寝るときは私の布団のちょうど「ふところ」の位置に天さんが入ってきて朝まで熟睡してます♪

皆さまもお風邪など召しませぬよう…


こちら応援もお願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

お知らせ

プロフィール

しかせん

Author:しかせん
ようこそ!
「しか先」のブログへ。

しか先は…
東京都青梅市に生まれ育ちました。
高校卒業と同時に地元を離れ海上保安庁に奉職。
海上保安大学校を経て
海上保安官として数年間、領海警備・海難救助の現場にいました。
PL109「しきね」航海士を最後に退官、以後地元青梅に戻っております。

いまは東京都青梅市の
小さな学習塾「純友学院・千ヶ瀬校」にいます。
時々…、
青梅2中の放課後学習にも出没します。
担当教科は英語・国語・社会と学習術
ここでは、教室内での雑感を主に書き残して行こうと思います。

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問していただいた方

最近の記事