高校英語…比較の単元 1月20日


クリスマスローズのピンク系♪

まだまだ盛りには早い時期ですが、庭のクリスマスローズも開花の早いものはぼちぼち開き始めているものもあります。
毎年こんなに早く開いていたかな?

今日は新町の教室で高校英語の授業でした。
高1生は比較の単元。
入試問題においても結構頻繁に出題されている分野でもあります。
毎年「比較」の部分を扱うときに思うことは、規範文法に忠実に従う…ということ。
英語に限らず、言語には規範文法(文法のルールに則り文を構成する)と記述文法(実際に会話等で使われる形の文)があります。
英語においては、比較級の文のthanの後を主格にするか目的格にするか…。
そこで規範文法と記述文法で差が生まれます。
古い参考書や文法書・辞書などではたいがいthanは接続詞、なので後続の文は主格になる…とあります。
Tom is taller than I (am). と言う形ですね。
最近の辞書等ではthanを前置詞として後続は目的格も許容する記述も多くなっています。
Tom is taller than me. になりますね。
では、どっちが正しいの?
と言う問題になる訳です。

実際、私が横田基地に勤務していた頃もまわりのアメリカ人の皆さんは目的格で使っていました。
実用的な面から言えば…そうなんでしょうねw

言葉は時代とともに移り変わっていくものだとよく言いますが、これもそのひとつなんでしょうね。
などと考えつつ…授業を終えました。


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育



大学入試、合格判定システムの見方と志望先の決定について 1月19日


クリスマスローズ〈ニゲル〉

今日も晴れて良いお天気でした。
が、起きた時からなんとなーく体調がすっきりしない日でもありました…。
昨日も1名大学受験生の面談をしましたが、そろそろ各予備校の合格可能性を判定してくれるシステムの結果が出ているころだと思います。
皆さんだいたい東進・河合・駿台あたりのデータ量の多い大手さんのデータを活用することになると思いますが、簡単に見方を書いておこうと思います。
予備校さんから提供される結果判定はA~Eまでの判定になっています。
・A判定→合格可能性80%以上
・B判定→合格可能性60%~80%
・C判定→合格可能性40%~60%
・D判定→合格可能性20%~40%
・E判定→合格可能性20%以下
ただし、上記の判定はあくまでも参考で、良い結果であっても…ここで安心して油断すると足元をすくわれることになります。今までの模試などで1次の模試の結果は良いのだけれど記述の方は評価が低めに出る人、自分の受験する大学の二次試験の問題形式が体質に合わない人などは特に要注意ですね。逆に言えば判定結果が悪くても状況によってはじゅうぶんに逆転することが可能だということでもあります。
判定よりも気にしなければいけない部分は、志願者数に対する順位と過去の入試における合格者最低点です。
順位に関しては共通テスト時点での数字になりますが、上に何人いて下に何人いるのか…を把握すること。
そして、過去3~5年くらいの入試においての合格者最低点の平均をみてそこから共テ分を引いてみれば実際の入試において何点を得点しなければいけないかが見えてきます。各自の志望校の出題傾向を加味したうえでそれが可能かどうかで考えればよいと思います。
得点可能かどうかは過去問を数年分実際に解いてみて判断できると思います。
チラ見するとかつまみ食いの解き方だけは絶対にやってはいけません。きちんと時間を計って自分が得点しなければならない点数を確実に超えられるようにすること…。

頑張ってください。

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


共通テストを終えた高3生の面談 1月18日


仲良くお昼寝中…♪

今日も晴れていましたが寒かったですね。

今日は小3生の授業が終わった後、小6の授業をしつつ、先日の共通テストを終えた高3生の試験結果を見つつ最終的にどこへ出願するかについての相談をしていました。
大手予備校の実施している合格可能性の判定システムでの結果を見つつ…、の作業です。
今のところ志願者数(予定)に対する自身の共通テスト得点での順位しか情報がありませんが厳しいのを承知の上で国立の医・歯で行くのか、志望変更を視野に入れるのか…。
本人も相当悩んでいるようでした。
浪人を避けて現役での合格を確実にしなければならないとするとやはり安全策をとらざるを得ないですし、本当に悩みどころです。
志望変更をして安全策とは言っても都内の国立大学で、本人が学びたいと思っている分野とかけ離れているわけではありませんので、そのあたりは救いではあります。
最終的な結論は出ませんでしたが、今の時期あまり思い悩むことで時間を使うのはとてももったいないです。

周囲の意見を聞くことも大切ではありますが、何よりもまず自分自身が納得のできる決定ができるよう願っています。

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


今日は寒かった…。この先も寒いらしいです 1月17日


ブラック系の一重咲もつぼみがたくさん♪

昨夜はかなり冷え込みました…、アメダスを見ると-2.4℃まで下がっていたようです。
今日も気温は上がらず寒い一日でしたが、久しぶりに日差しが戻って良く晴れてはいました。
予報を見ると、この先は更に寒くなって、「10年に一度レベルの低温になるおそれがある」として気象庁からは「低温に関する早期天候情報」が発表されています。
この先、体調管理に注意が必要ですね。
「かなりの低温」の基準はというと地域によって異なりますが、関東甲信では5日間平均気温平年差がマイナス1.9℃以下と決まっているようです。

今日の中3英語は…、久しぶりに90分フルに使っての解説授業でした。
中1からの文法事項を関連づけて網羅し、「英語を理解する上での大切なこと」をまとめました。

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育



朝からスッキリしないお天気でした。 1月16日


寝起きの渋い表情(笑) …ふうにゃ♪

夕方までときおり雨がぱらつくすっきりしないお天気でした。
教室から帰るときはものすごく寒く感じました。

昨日一昨日と大学入学共通テストがあったせいか、おそらく気が張っていたんでしょうね。
今日は起きた時から疲労感が抜けずぐったりモードw
おそらく実際に受験してきた生徒さんたちはもっと疲れてるんだろうな…と推察します。(まぁ、若いから大丈夫なのかな?)

いろいろと心配していても仕方がないので、明日からまた切り替えていきましょう。

第一関門となる試験、共通テストを終えた高3生のみんな…
心より、お疲れさまでした。


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


2023年共通テストが終わりました。 1月15日



今日、大学入学共通テストの全日程が終了しました。
受験された受験生の皆さん、本当に本当にお疲れさまでした。
慣れない環境で長時間にわたる試験は大変だったであろうと推察します。

各社の報道を注意深く見ていましたが、定規を使って不正行為とされたとか、試験時間が1分短かったので再試験(東大会場)などの些末なニュースはあったもののおおむね無事に終わることができたようです。

心配していた出題傾向の大きな変化や難易度の極端な変化もなく、想定内の範囲での推移だったともいます。

各予備校の出題問題の分析や講評、予想平均点などの情報へのリンクを貼っておきます。

■河合塾さんの特集サイト

河合塾2023年共通テストサイト

■駿台予備校さんの特集サイト

駿台予備校データネット

先ほど今回出題された問題の英語リーディングとリスニングをざっと見てみました。
ネットでも話題になっていましたが、今回のリスニングのアバターの問題…
あご長顔が笑える…w
たぶん、にやにやした受験生多かったと思いますw
私はスクリプトを見ながらだったので良かったけど、実際にリスニングの試験で絵に気を取られると聞き落としますよね(笑)

共テ100%の試験型で受験する私大志望者以外はこの後まだ実際に各大学で行われる本番の二次試験があります。
サクッと自己採点終えたら、切り替えていきましょう。

今日試験を終えたばかりで酷かもしれませんが、少しでも時間を作ってまだ苦手なところ、抜けている部分がないか…確認して本番で良い結果が出せるよう頑張りましょう。


こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


大学入学共通テスト初日文系科目の試験当日でした。 1月14日



今日1月14日、全国で大学入学共通テストの初日文系科目の試験が行われました。
今週の始めの頃の予報では暖かくなると言っていたのですが、昨日から少し雨混じりの天候、気温もそんなには上がらなかったようです。

教室から今日の初日の試験を受験した生徒たちに、気になっても今日は自己採点はするなという注意をしていた手前、私自身も公表されている概要講評以外は問題も正答もまだ見ないと心に決めています。
めちゃくちゃ気になるんですけどねw
明日、すべての試験が終了するまでは見ません。
今日実施された文系科目の難易度の評価はすべての科目においてほぼ昨年並み、英語に関しては文章が読みやすかったこともあって「やや易化(駿台予備校・ベネッセ)」という評価のようです。
ま、全体の評価は正直言って私にはあまり興味のある部分ではありません。うちの生徒たちがしっかり得点できたかどうか…が一番の関心事です。

とにかく、受験してきた高3生の諸君。
本当にお疲れさまでした。明日まだ理数系科目の試験があります、今日の疲れを明日へ持ち越さないようゆっくりと休んでください。
そして、明日また自分の実力を出し切れるよう心より祈っています。

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


高校英語、形容詞の後置。 共テ前日でした。 1月13日


守り神さま…。たぶん。

今日は新町の教室で高校生の英語の授業でした。
句と節、文の書き換えに関する単元の解説及び問題演習。

先日、ふと目についた問題から前置と後置で意味の異なる形容詞についても解説しました。
以前の授業で形容詞を扱ったときにそこまで踏み込みませんでしたので補充の意味も兼ねてです。

具体的には…
① The present members are all girls.
② The members present are all girls.
presentとmembersの位置が入れ替わっていますが、どちらも文法的には正しい文です。
この二つの文の意味の違いについて…ですね。

present【形容詞】の意味は
1.「現在の」
2.「出席している」(ただし名詞・代名詞を直接修飾する場合は後置)
(研究社ライトハウス英和辞典)
とあります。
よって①の文は「現在の会員はみんな女の子です」となり、②の文は「出席している会員はみんな女の子です」と言うことになります。背景的には、②の場合には「出席しなかった男の子の会員」が存在する可能性があることになります。
試験問題では、長文中に上記の(ような)記述があり、状況説明の選択肢の中から当てはまらないものを選ぶといった出題でした。

今日は、大学入学共通テストの前日になります。
いよいよ明日明後日が本番です。
今年の受験生は、みんな小学校の頃からずっと見てきた生徒たち…。
なんか我が子を決戦の場へ送り出すような気持ちです。
どうか精いっぱい頑張ってきて欲しいと思います。

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


令和五年青梅だるま市が行われていました 1月12日


青梅だるま市♪

今日は、教室の前の青梅街道を通行止めにしてだるま市が行われていました。
去年も通行止めにあっていたので裏道から教室にたどり着く道順はばっちりです(笑)

まぁ、今日は授業があったわけではなく明後日の大学入学共通テストを受験する生徒さんで、昨日渡せなかった方に合格鉢巻を渡して最後の注意事項を伝えるだけだったのですが…。

今日教室に取りに来た帝京八王子のT君も小学生のころからの生徒さん。
見たところ(…本人も言っていましたが)とても落ち着いているようです。

どうか自分の実力をじゅうぶんに発揮してきて欲しいと思います。

何事もなく、無事に試験が終わりますように…

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育


大学入学共通テストの受験生を送り出しました 1月11日


合格祈願の鉢巻と切り火用の火打石…

いよいよ3日後に迫った大学入学共通テスト…
好きか嫌いかは別にして、国公立大学志望で一般入試を選択する受験者には避けて通ることのできない試験です。
本日も試験前の授業最終日となる高3生を1名送り出しました。
袋に密封された天神様の鉢巻を手渡し、切り火を切って…

2020年からのコロナ以降、教室での受験生送り出しの方法もだいぶ様変わりしました。
以前は、全生徒、全教職員のメッセージを手書きで事前に記入して…
とやっていましたが、接触を極力避ける意味で未開封で渡すようにしています。

今日、鉢巻を手渡した高3生の中には小学校4年生の頃から教室に在籍して中学校受験も経験している穎明館高校の3年生Y君もいました。
様子を見ている限りは、かなり落ち着いているように見えました。
うん、大丈夫そうですね。

本番3日前…
実は、私の方もこのくらいの時期になると相当気を使います。
本当に大切な時期だから。 
この時期の私の言葉ひとつひとつは受験生の心に大きな影響を与えます。
どんな言葉をかけるのか、すべてをいったん吟味したうえで、決して思い付きの軽はずみな言葉はかけられません。

天気も日曜日にちょっと傘マークがあるくらいで暖かい(暖かすぎる?)ようなので大丈夫そうなのでそっちの面では安心しています。

どうか…無事に試験を終えて、実力通りの結果をもって来週教室に来て欲しい。
実力以上の結果を求めたい気持ちでいっぱいですが、それはさすがに欲張りすぎですねw
気負い過ぎずに、駿台模試で上位の成績をとったときの気持ちを心に刻んで頑張って来い。

こちら応援お願いします…ここをクリック

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

にほんブログ村 塾教育



前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑

お知らせ

プロフィール

しかせん

Author:しかせん
ようこそ!
「しか先」のブログへ。

しか先は…
東京都青梅市に生まれ育ちました。
高校卒業と同時に地元を離れ海上保安庁に奉職。
海上保安大学校を経て
海上保安官として数年間、領海警備・海難救助の現場にいました。
PL109「しきね」航海士を最後に退官、以後地元青梅に戻っております。

いまは東京都青梅市の
小さな学習塾「純友学院・千ヶ瀬校」にいます。
時々…、
青梅2中の放課後学習にも出没します。
担当教科は英語・国語・社会と学習術
ここでは、教室内での雑感を主に書き残して行こうと思います。

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問していただいた方

最近の記事